「その就活で本当に大丈夫?」

就活成功の秘訣は9割自己分析」という事実知っていますか?ではさらに質問です。その自己分析を面接官全員が理解できるくらい、きちんと言葉にできますか?就職活動は、自分をどれだけ上手くプレゼンテーションできるかの勝負です。そのためのありとあらゆる自己分析ツールが存在しますが、ツールが統計的に出した自己分析をそのまま話しても、面接官の心をつかむことはできません。自己PRで「リーダーシップがあります」と発言しても、理由をきちんと説明できなければ、相手の関心を引き出せないのは明らかですよね。相手が1番知りたいのは、どのような経験を基にそう考えるのか。そこには入社後の伸び代があるか。学生自身に未来性があるかです。ここに自己分析が就職活動において最も重要と言われる理由があります。


「相手に認めてもらうのではなく、認めさせるためには何が足りないか。」

自己分析を言葉で伝えられなければ、きちんと理解していないも同然。自己分析は誰かにそれを話す回数が増えるにつれてより深まっていくものです。セッションでは自分の将来の展望や考え、何を大事に思ってるか、などを経営者相手に言葉にできます。そしてそこから経営者との”対話”が生まれます。その対話の中で自分を見つけていくことで、本番で通用する自己分析を完成させることができます。そのため、就活が本格化して、面接・面談が始まる前の今だからこそセッションを通して自分を再認識する必要があります。


「対話型という新しいアプローチ」

“セッション“は、ジャズの演奏家たちやダンサーの中で使われる”即興での掛け合い”という意味です。熱量の高い人たちと学生がお互いの展望を”セッション“してみれば、次第に対話に熱が帯び、心の中にあった想いを引き出されていくでしょう。そこにはきっとワクワクが待っています。1つの会社を動かしている経営者と学生の展望が同じだと気づけた瞬間は貴重な体験にもなります。

〈参加企業〉

・中戸川豊・西島崇/株式会社オレンジハウス

・望月徹/株式会社 エクサス

・山本翔平/株式会社 オー・ルージュ

・柏木博州/公益財団法人 日本教育公務員弘済会・ジブラルタ生命保険株式会社

・村山拓也/CREAM株式会社

・安藤悟・吉松京介/株式会社エストリンクス

〈タイムテーブル〉

12:30〜 受付開始

13:00〜 開会&主催者挨拶

13:10〜 参加経営者・企業紹介

13:20〜 ”小さな”成功体験発表会

13:50〜 テーブルトーク

15:40〜 まとめ

16:00〜 撤収

・小さな成功体験発表会

学生による1分間の発表、成功体験は自己分析の手がかりになる重要な要素。なんで、どこで、なぜ、どう感じたかを言葉にする経験は自己PRの練習にもなります。

・テーブルトーク(20分×5テーブルのローテーション形式、1テーブルにつき経営者1名、就活生4名、テーブルスタッフ1名、計6名)

経営者との自由な対話を行います。働くこととは?価値、夢とは?などの、対話から就活生は「自分」を見つけ、自己分析につなげます。

日時:2018年3月7日(水) 13:00~16:00 

場所:LINK(静岡市葵区紺屋町8-12金清軒ビル) 

主催:COCOA 担当:村田 祥一/静岡県立大学国際関係学部 4 年

E-mail: theegg1228@gmail.com

参加費無料・スーツ禁止・20名限定!

「セッション」、無事終了いたしました。


ご来場の経営者・学生の皆さま、ありがとうございました。

主催の村田の本イベントへの思いとイベントのレポートをnoteにて掲載しております。


▶︎就活イベントにかけた思い

▶︎セッション イベントレポ